メンテナンス時期を逃して後悔したくない人に!

TOP » 築10年目のリフォームまずは経年劣化が見えにくい屋根修理から!

築10年目のリフォーム まずは経年劣化が見えにくい屋根修理から!

築10年を迎えたら! メンテナンスをしよう!

築10年を迎える頃から考え始めるのがお家のリフォーム。水回りや外壁のリフォームを検討する方が多いと思いますが、まず一番にメンテナンスするべきは屋根でしょう。修理を始めるサインとなる症状や、修理を依頼する業者の選び方、メンテナンスの費用相場などについて解説しましょう。

この症状は業者に確認すべき!

下で生活している住民にとって、屋根の劣化や変化はあまり確認できないものです。雨漏りして初めて屋根の劣化に気が付いた、ということがないよう、普段から以下のような症状に注意しておくと良いですね。

注意すべき症状リスト

屋根と外壁は同じように風雨にさらされているので、劣化のスピードも同じ。外壁にヒビなどの問題がある場合は、屋根にも同じ問題が起きていると考えるのが妥当です。室内の天井や壁に染みが見られる場合も、屋根からの雨漏りが天井裏まで達している可能性があるので要注意です。

屋根の定期メンテナンスしてる?

屋根は風雨や日光で褪色したり劣化してひび割れたりすることが多く、定期的に修繕が必要です。新築してから10年以上何もしていないという方は、屋根のメンテナンスについて考えてみましょう。

メンテナンス費用相場

屋根の修理にかかる費用の相場は、施工内容や状況によって異なります。一般的には以下のような金額になることが多いようです。