メンテナンス時期を逃して後悔したくない人に!

TOP » 築10年目のリフォームまずは経年劣化が見えにくい屋根修理から! » 冬場の外壁塗装は技術の高い業者を選ぶべき

冬場の外壁塗装は技術の高い業者を選ぶべき

冬場の外壁塗装

冬場の外壁塗装には「値段だけで比較するのではなく、きちんと塗装技術の高い業者を選ばないと、後悔する結果につながりやすい」という注意点があります。

冬場の外壁塗装のメリットとデメリットを踏まえつつ、塗装技術が高い業者選びをする重要性について、ここでご説明します。

冬場の外壁塗装のメリットは?

冬場の外壁塗装のメリットは、何といっても「他の季節に比べて、晴れの日が多い」ということです。

梅雨時期、台風発生時期、秋雨の時期などはそれぞれ「雨などで塗装作業ができない日を見込んだスケジュールを組んでも、それよりさらに多くの日に雨に見舞われてしまう」といった状態になることも少なくないので、施工日程が大きく後ろにずれ込むケースもあります。

その点、連日の雨や雪に見舞われることが少ない冬場は、施工日程の大きなずれ込みが発生しにくいというメリットがあるのです。

冬場の外壁塗装のデメリットは?

冬場の外壁塗装のデメリットは、以下のようなものが挙げられます。

それぞれについて見ていきましょう!

作業時間が短い!

冬場は日照時間が短い上に、朝は霜・夜露などで壁が濡れていることも多く、これが乾燥しないと塗装できない、ということもあって、他の季節に比べると1日あたりの作業時間が大幅に削られてしまうリスクがあります。

塗料の硬化が遅い!

冬場は空気が乾燥しているので、それが塗装の硬化を助ける部分もありますが、日照時間が短く気温も低いので、やはり他の季節に比べると塗料の硬化は遅くなりがちです。

天候次第で大幅に遅れる可能性も!

雪がパラっと降った、という程度ならともかく、積もってしまうほどの雪が降ってしまうと、降雪日だけでなく、その後数日にわたって塗装作業ができなくなるリスクもあります。

また、気温次第では積もった雪や霜・夜露などが凍結してしまうリスクもありますね。

もちろん他の季節でも「予想以上に雨の日が多い」などという理由で遅れるリスクもありますが、晴れが多い冬場だからといって、油断しすぎてはいけないということです。

塗装技術が高い業者を選ぼう!

というわけで、冬場の外壁塗装にはメリットもありますがそれ以上にデメリットが目立ちます。

これをカバーするためには、

  1. 凍結などのリスクを踏まえて、作業の安全性を重視している
  2. 他の季節とは違う、冬場ならではの塗料の硬化具合を見きわめられる豊富な経験がある
  3. 冬場の作業時間の短さや天候によるリスクを考慮した余裕のある施工日程を組んでくれる

この3つの条件をクリアしている、冬場の外壁塗装の経験が豊富な業者を選ぶのがおすすめです!