メンテナンス時期を逃して後悔したくない人に!

TOP » 教えて!屋根修理方法と費用相場 » 雨漏り修理

雨漏り修理

雨漏り修理にはいくらくらいかかるの?

大雨で突然発生する雨漏りも、じわじわ天井に染みを作る雨漏りも、原因は屋根の劣化です。雨漏り修理の方法や相場、火災保険との関係について紹介しましょう。

雨漏り修理方法

雨漏りの修理方法は、屋根の素材や雨漏りの状況、屋根の大きさによって変わります。費用を大きく左右するのは、雨漏りの範囲が柱や梁などにまで及んで、修繕範囲が広くなってしまったケース。表面的な防水だけでなく、躯体の修繕が必要となるので、費用が高くなってしまいます。また、屋根材の種類と屋根の大きさによっても費用が変わってきます。

雨漏り修理方法の種類と相場費用

ひび割れなど部分的な修理 約5~10万円程度
防水シート・防水塗装など 約20~50万円程度
全面の葺き替え(約30坪の場合) 約60~100万円程度
全面のカバー工法(約30坪の場合) 約80~120万円程度

雨漏り修理は一部分であれば数万円で済みますが、全面的な工事になると100万円以上になることも。大規模な雨漏りの場合は、火災保険が適用される可能性もあります。業者によって保険代行サービスを行っているところもあるので、問い合わせてみましょう。

雨漏り修理で使える火災保険

風などの自然災害によって屋根に損害が出た場合、火災保険によって修理費用を補うことができます。この場合、施主が自分で保険申請を行うこともできますし、保険代行業者に依頼することも可能です。どちらの場合も以下のような手順で申請が行われます。

屋根修理で火災保険を申請する手順

〇保険会社に電話

〇見積書や写真などの書類手配

〇保険会社、鑑定人が調査

〇保険額の決定

〇被保険者口座へ入金

基本的に自分で手続きする場合も業者に依頼する場合も、用意する書類は4つ。施主が記入する『保険金請求書』と『事故状況説明書』、修理をする施工業者が用意する『修理見積書』と『被害の写真』です。この4種類さえ用意できれば、施主が自分で保険申請をするのも簡単ですので、自力で申請するのがおすすめ。保険代行にお願いする場合は、時間がかかることもありますし、保険金を自社に振り込ませて実際の金額より安く報告してくる悪徳なケースもあるので、注意が必要です。

\築10年目のリフォームをご検討中の方/