メンテナンス時期を逃して後悔したくない人に!

築10年!リフォームするならまずは屋根!!横浜市内で探す屋根修理業者! » 教えて!屋根修理方法と費用相場 » DIYの応急処置で屋根修理をする方法

公開日: |更新日:

DIYの応急処置で屋根修理をする方法

雨漏りが発生してすぐに施工業者に修理がお願いできない場合、「自力で修理できないのか?」思う人もいるかもしれませんね。屋根の修理を自分で行う方法と業者に依頼する方法とで、メリットデメリットを比較してみましょう。

DIYで修理する方法と業者へ依頼する方法
どちらがお得?

雨漏りの応急処置程度であれば、自分で行うことも可能です。室内から天井などを補強してもあまり意味がないので、屋根に上って防水シートをかけたりコーキングなどを行います。自力で行う場合の一番のメリットは安い費用で済むこと。デメリットは屋根の上で作業するため、かなりの危険が伴うことでしょう。また、根本的な修理にはならないことが多いので、結果的には業者へ依頼することになる場合も多いようです。

被害か所や雨漏り部分の特定

一般に「雨漏り」と聞けば天井から発生するもの、というイメージがありますが、かならずしも雨漏りは天井だけから発生するものではありません。

たとえば、台風の来襲で激しい風雨となっている日には、雨が横から吹き付けてサッシから雨漏りすることもあります。あるいは、台風ではなく通常の雨の日に雨漏りが発生した場合でも、よく調べてみると天井ではなく窓枠付近や天井と壁の間、バルコニーの接合部分などから雨漏りしていることもあります。

雨漏りを確認した場合には、まず何よりも、雨漏りの発生箇所を特定することが大事。異なる箇所にいくら入念なDIYを施したところで、雨漏りは解決しません。

なお、一般に雨漏りしている日は悪天候である場合が大半ですが、屋内から雨漏りの箇所を特定できないという理由で、悪天候の中、屋根に上って状況をチェックすることは、決してしないようにしてください。雨の日に足場や命綱、ネットなどもない中で屋根に上ることは、プロでも危険です。

横浜市のおすすめ
屋根修理工事・雨漏り修理業者の評判を見る

自力でできる修理方法について

防水シートで屋根を守る

雨漏りしている部分にブルーシートなどをかぶせて、固定する方法です。テープで貼るだけでは風で飛んでしまうこともあるので、ロープをかけて土嚢などで重しをして固定します。十分な大きさのブルーシートを用意したら、土嚢袋に粗目の砂利などをつめたものをロープで結んでブルーシートの上に置きます。

ブルーシートはできるだけ大きめのもので、最低でも4畳以上のものを用意します。土嚢袋や砂利も用意しましょう。ビニールシートや土嚢袋はホームセンターで数千円程度で購入できます。

防水テープやコーキングで応急処置をする

雨漏り箇所が特定できていて、水の侵入口がほんの少しならば、ホームセンターで、防水テープやコーキング材などを購入し、雨漏りしている部分を塞ぐことも可能です。テープやコーキング材も、ホームセンターへ行けば数千円で購入できます。

屋根修理方法と費用相場

DIYで屋根を応急処置する際の注意点

屋根の不具合を根本的に直すためには、プロの業者によるしっかりとした工事が必要です。ただし簡単な応急処置であれば、不具合の程度によるものの、素人でもできないことはありません。

DIYで屋根を応急処置する際の注意点を確認しておきましょう。

パテ材や釘を使った応急処置はやらないほうが無難

ヒビが入っている部分の応急処置としてパテ材を使用することは、決して間違った方法ではありません。ただし、パテ材は長持ちしない素材なので、以後も雨が続けば、すぐに雨漏りが再発する可能性がある点も理解しておかなければなりません。

また、釘を使って補修することもおすすめできません。なぜならば、正しい場所に釘を打たなければ損傷がひどくなるからです。仮に正しい場所に釘を打ったとしても、力加減次第では、雨漏りの範囲を広げてしまうこともあります。

少しでも危険を感じたらすぐに作業を中止する

屋根の上で作業している際、少しだけ足を滑らせてヒヤっとしたり、緊張の中での作業に疲れを感じたりしたら、すぐに作業を中止しましょう。そのまま無理に作業を続けて、万が一屋根から転落した場合、障害を残すほどの大けがをしたり、場合によっては命にかかわったりすることもあります。作業を中止して脚立から下りる際にも、最後まで油断せず緊張感を持ちましょう。

もとより、素人が屋根の上に上がって作業をすることは極めて危険です。ご家族が屋根に上ろうとしている場面を目にしたら、本人を説得して屋根に上らせないようにすることが大切です。

【結論】屋根の応急処置はプロの業者に依頼する

屋内から雨漏りの箇所を特定できたら、無理に屋根に上がろうとせず、屋内のみでできる限りの応急処置をすることが基本です。雨漏りしている箇所を塞いだり、水滴の落下点にバケツを置いたりなど、可能な限りの雨漏り対策を行いましょう。

ただし、屋内からできる雨漏り対策には限界があります。そもそも、屋内だけでの雨漏り対策では、根本的な問題解決とはなりません。そうとは言え、本当の原因も分からないまま、素人が危険を侵してまで屋根に上ることも合理的ではありません。

プロの業者に修理を依頼すると修理費用がかかりますが、雨漏りの根本的な解決のためには、修理費用をかけてもプロに依頼するしか選択肢がないと心得ておいたほうが良いでしょう。

参考までに、以下で業者に依頼した場合の費用相場をご紹介します。

\築10年目のリフォームをご検討中の方/