メンテナンス時期を逃して後悔したくない人に!

TOP » 教えて!屋根修理方法と費用相場 » 屋根の葺き替え工事

公開日: |最終更新日時:

屋根の葺き替え工事

屋根の葺き替え工事にはいくらかかるの?

屋根の葺き替え工事をするとなると、気になるのは工事にかかる費用です。屋根の葺き替え工事に必要な費用や葺き替え工事の頻度、工事のメリット・デメリットなどを紹介していきます。

屋根葺き替え工事の費用相場

屋根の葺き替え工事は、平均的な家のサイズである30坪を基準に考えると、およそ95~240万円が費用の目安です。ただし既存の屋根にアスベストを含んでいる場合は、処理費用としてさらに200万円ほどかかるとされています。

内訳としては、既存の屋根材を撤去する費用・下地補修・足場代・防水シート代・足場費用・新しい屋根材の費用などが必要です。

屋根葺き替え工事の時期や頻度

屋根の葺き替え工事は、使用している屋根材の種類や状態によって異なります。

瓦屋根の場合は30年以上、スレート屋根の場合は15年以上、ガルバリウム鋼板なら25年以上、トタン屋根なら20年以上を経過していてメンテナンスをしていない場合は、葺き替え工事を検討したほうが良いでしょう。

また屋根材のズレや剥がれ、雨漏り、屋根からの違和感のある音が発生している場合も早めの葺き替えが必要です。

屋根の葺き替え工事のメリット

葺き替え工事をする最大のメリットは、やはり家の寿命が伸ばせるという点です。屋根材の内側にある下地まですべて取り替えるのが一般的なので、屋根が新しくなって雨や風から守る機能が向上します。また軽い屋根材に変更すると耐震性がアップするのもメリットの1つです。

屋根は家の外観を大きく左右する部分なので、屋根が変われば家の外観も一新でき、まるで新しい家かのように生まれ変わるでしょう。

屋根の葺き替え工事のデメリット

デメリットは、やはり費用の高さです。屋根材をすべて取り替えるので、どうしても費用が高くなりがちです。また屋根が一時的に取り払われるため、施工中は雨漏りのリスクも伴います。施工期間の天気も確認したうえで工事時期を決める必要があるでしょう。