メンテナンス時期を逃して後悔したくない人に!

TOP » 築10年目のリフォームまずは経年劣化が見えにくい屋根修理から! » 屋根修理業者の選び方

屋根修理業者の選び方

築10年が過ぎて屋根の劣化が心配になってきたら、屋根の塗り替えや葺き替えの準備を始めましょう。まずは信頼できる屋根修理業者を選ぶことから。施工技術が確かで知識も豊富、費用も適切な施工会社を選ぶポイントを紹介します。

信頼・安心できる屋根修理業者を選ぶポイント

家族や財産を守る重要な屋根の修理を安心して任せられる業者かどうかは、以下のようなポイントを見極めて判断しましょう。

  1. 屋根診断をきちんとしてくれる
    雨漏りや不具合がある場合は、原因を突き止め、どのような修理が必要かを診断してくれるかどうかが、判断のポイントになります。
  2. 分かりやすい見積もりや説明がある
    屋根修理に関して素人である施主が、納得できるまで丁寧に説明してくれることも、信頼につながります。
  3. 施工の工程をきちんと説明してくれる
    屋根の修理は足場を組んで数日間にわたって行われることが多く、住人だけでなくご近所にも迷惑をかけることがあります。施工の工程、日程などを細かに説明し、近隣へのフォローも行ってくれるのが優良な業者です。
  4. アフターフォローがしっかりしている
    修理が終了した後も、不具合がないかどうかマメにチェックしてくれたり、無料で点検を行うなど、アフターフォローが重要です。

屋根の現状を的確に診断し、どんな修理が必要なのか、どのような方法が良いのかを適切に判断してくれる業者が優良な業者であると言えます。見積もりの際に施主が納得できるよう、丁寧に説明してくれるかどうかをチェックしましょう。また、修理後のフォローがあるかどうかも確認しておくと良いですね。

悪徳業者の手口って?

屋根修理やリフォームに関する詐欺が多いのはご存知ですか? 最近は悪徳修理業者がたくさん存在しているのも事実です。悪徳業者には以下のような特徴がありますので、注意しましょう。

詐欺や悪徳業者に騙されないためには、1社の説明を聞いただけですぐに契約せず、数社に見積もりを取ってから決めること。耐震工事で補助金が出る、保険金で修理ができる、といった話もウソであることが多いので契約の前に保険会社や自治体に確認してみましょう。

屋根修理業者の規模を踏まえて選ぶ自分に合った業者

屋根を修理する施工会社には、全国規模で展開する大手や地域で営業している工務店など、様々な希望の会社があります。どのような業者が適切なのか、会社の規模別に考えてみましょう。

地域密着型

昔から狭いエリアで営業をしている地域密着型の施工店の場合は、このエリア特有の気候条件などを考慮して施工をしてくれたり、何か不具合が起きた時のフットワークが軽いことが特徴。少しでも評判を落とすと経営に響くので、丁寧な仕事をしてくれることが多いようです。ただし、値引きには期待できないので、予算が厳しい方には向かないかもしれません。

大手の特徴

全国展開している大手の施工会社の場合は、受注数が多いため屋根材などを大量に仕入れてコストダウンができます。そのため工事費用が安価であることが魅力。また、対応エリアが広いのも特徴です。

専門業者の特徴

瓦業者、塗装業者、雨漏り修理業者、板金など、特定の施工に特化した専門会社もあります。1カ所の修理のみを依頼したい場合には、専門的な知識や高い技術があるので安心して依頼できますが、屋根も壁もと広い範囲で修理を依頼したい方には向きません。

\築10年目のリフォームをご検討中の方/